<< February 2020 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

思っていたよりは

2020.01.08 Wednesday | 15:19

以前こちらでも感想を書いた「スマホを落としただけなのに」の映画版、TV放送があったので録画しておいて観ました。

 

シンプルに、とにかく成田凌すげぇwww

最近主演された別の映画の宣伝でバラエティー出演されてて、おっとりというか穏やかそう?な感じを見ていたのでとにかくスゲェwと。

映画そのものも思っていたよりは良かった(元々そんな期待してなかったのでw←失礼(^^ゞ)

というのも、本(小説)は書かれていること(描写)を自分の頭の中で自由に想像する余地がある所が、良さであり面白さだと思うんだけど、こうしたきわめて現代的な実際あるツール(スマホ、FB等)が話の肝だと、こうして可視化というか映像になった方がよりリアルに感じるなと観ていて思ったので。

音の有る無しも例えばホラーの要素としては大きいしね!

ただ、細かい所までちゃんと全部覚えている訳ではなかったので、「あれ…こんな話だったかな?」「こんなとこあったっけ…?」と思いつつ(^^ゞ

気になったので後で検索してみたら、原作との違いを比較して丁寧に書いてくださっている方の記事を見付けて。

それで、あぁそうそう原作はそうだった!とか思い出したり、なるほどね〜となったりw

その辺違うのはまぁ別にいいんだけど、ただ北川景子さん演じる麻美の隠したい過去というのをあの設定にしたのがイマイチかなぁ…?

確かに原作のままの理由だと若干弱いというかインパクトというかパンチに欠ける感じかもしれないけど、だからと言って映画版の理由が宣伝の煽り文句にある様な『衝撃の結末(告白?)』っていう程では無い。

だって結構使い古されたネタじゃね?他人の戸籍乗っ取る系ってw

それこそ我らがまさひろちゃんとおけんとが演じた「砂の器」の英良ちゃんもそうだし、東野さんの小説でも確かあったよね、そのパターン?のやつ。

だから予想つきまくりだったし。

映画にするから色々頑張っちゃったんだろうけど、その分構成する要素が1つ1つが薄くなっちゃったっていうか、そういう意味ではもっと単純に「え、そんなことくらいで?」っていう、些細(当人にとっては重要)な理由で人生が破たんするかもしれないっていう恐怖で追い詰められる、っていうのを徹底的に描いた方が良かったのかも?

まぁだいぶ地味な感じになったかもしれないけどね(笑)


スポンサーサイト

2020.02.16 Sunday | 15:19
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 

THANK YOU FOR YOUR MESSAGE!











    
top



PR

latest entries

categories

archives

search this site.

links

profile

一筆奏上!

Recommend

others