<< February 2020 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

怖いわ〜

2019.12.10 Tuesday | 17:11

遅くなっちゃったけど(^^ゞ

澤村伊智さん「ファミリーランド」読みました!

 

澤村さんは初めましてかと思ったけど、岡田くん主演で映画化された「来る」の原作「ぼぎわんが、来る」の方だったんですね!

読んだことありました、それ以来です。

あちらは正統派?ホラーでしたが、今作は近未来?SFチックなホラー。

テクノロジーが進んで便利に、住みよくなったハズの未来、だけどそれを作ったのも使うのも人間で、その本質的な部分は変わらないから本当に便利になった?住みよくなった??っていう。

今のまま進んで行くとこんな風になるのかな?なるのかも、なるだろうって予想出来る未来だけど、結局の所やっぱり人間が1番怖いよねっていうホラーw

 

特に「翼の〜」は現代社会でも変わらないし誰にでもあると思うけど、深層に根付いた差別意識とかが胸糞悪いし、「今夜〜」に出てくる低所得層の介護問題がもうやるせない(>_<)

ただ、最後の終わり方も怖くて薄ら寒いのに、この「今夜〜」はどこか爽やかに感じる部分もあって、不思議な話。

あと1つ1つの話は繋がっていないけど、最初の話「コンピューターお義母さん」に出てくる家族(主人公の旦那さん)がこの「今夜〜」にも出てきて、ちょっとお!て気分になる。

そして基本的にはどの話も後味悪いというか読んでて気分が悪くなっちゃうけど、最後の「愛を語るより〜」だけは唯一ちょっとほっこりするかな?

どれだけ便利になったとしても、それで本当にいいのか?結局のところ何かが足りないと原点回帰するんじゃないかって終わり。

このお話に出てくる、死んだら昔風(つまり現代)の葬式をやってくれ!と言って亡くなった祖父の孫・勝平と「翼の〜」に出てくる阿川慎也という男の子がそれぞれフラットかつ健全さがあって、便利さを追求し過ぎてかえって不便になってるんじゃないか?という時代において、その後の時代を担う子供がそういう風に描かれているのがホッとするというか良かったなぁ。

 

まぁつまりは近未来の設定だけどどの話も結局今の延長だし、このままでいいのか?っていう現代社会への痛烈な皮肉って感じかな?

 

 


スポンサーサイト

2020.02.16 Sunday | 17:11
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 

THANK YOU FOR YOUR MESSAGE!











    
top



PR

latest entries

categories

archives

search this site.

links

profile

一筆奏上!

Recommend

others