<< December 2018 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

最近ちょっと…

2018.03.13 Tuesday | 16:07

アクセス解析のカウントおかしない!?

連日3桁とか、ウチそんなアクセスあるようなブログじゃねーんすけど 汗

いつだったかも何千てあって…その時は後日訂正されてたけど。

あとせくしーちゃん達の諸々めっちゃあるんすけど、別のとこで書いてるのもあってコッチはあんまりになっちゃって…また改めて書きますけど。

 

さて、映画の話

 

「アバウト・レイ 16歳の決断」観てきましたー!

原題が「3Generations」というだけあって(余談だけどちょっとシンプルすぎやしないか…w)

トランスジェンダーのレイとそのシンママで恋愛にはちょっとだらしない?マギー、そしてレズビアンのおばあちゃんの3世代家族のお話。

 

トランスジェンダーの問題はまだ色々と問題があって、簡単には解決しないし語れないけど。

実際おばあちゃんだってマイノリティだけど、男の子になりたいレイのことは最初は理解してあげられてない。

ママは、理解は出来なくても苦しんでいる子供の姿を見て決断を受け入れて応援する、でもイザとなったらやっぱり葛藤があって…。

そりゃそうだよね…身内だからこそ受け入れがたいものもあるだろうし。

でも相手にとってどうするのが1番幸せか…身内だからこそ思いやることが大切なんだと。

これを観て改めて思ったのは、親は子供が産まれたから自動的に親、ではなく、子供と一緒に、左カッコ右カッコとして子供に育てられていくんだなぁ…ということ。

って未婚子なしの私が言うのもなんだけど ^^;;

でもちょうどこれと同じ、16歳の娘を持つシンママの友達親子にお勧めしたいわ。

 

あと、主人公レイを演じるのがエル・ファニングなんだけど、まただわー(笑)

こないだの「女の子を〜」もそうだったけど、最近私が観たいと思う映画にことごとくエル・ファニング出てるわ〜www

でも前回の時は本当にキュートな女の子(宇宙人だけどw)だったのに、今回は体は女の子だけど自我性の認識が男の子だから男として生活するレイを演じていて、本当にそれっぽく見えます。

一方シンママを演じるナオミ・ワッツさんが葛藤したり親として成長していく様がナチュラルかつさすがだなー、と。

お綺麗ですしね!

 

とにかく良かった、面白かったですー!

 

 

 


スポンサーサイト

2018.12.09 Sunday | 16:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 

THANK YOU FOR YOUR MESSAGE!











    
top



PR

latest entries

categories

archives

search this site.

links

profile

一筆奏上!

Recommend

others