<< January 2020 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

正直

2017.09.04 Monday | 16:58

えと、久々の読書感想です(^^ゞ

いやずっと読んでなかった訳じゃないんですけどね?

なんか感想を書く程でもないな〜って感じのものが多くって…一応備忘録のつもりではあるのですが、これからは記憶と記録に残しておきたい作品だけにしよっかな?って。

なんかキリもないですし…、映画はどんなにツマラナイな〜って思っても何かしら書けるんですけどね?

本はなんでかムズカシイです 汗

 

さて、今回読んだのは岩木一麻さんの「がん消滅の罠 完全寛解の謎」です。

 

いやまぁこれ、言わずと知れた第15回の「このミス」大賞の作品で、念の為に言っておきますと自分が癌だって分かる前に予約したんですよ。

自分が癌患者だから興味を持った訳ではないです(笑)

で、肝心な感想ですが…う〜ん、正直微妙(^^ゞ

 

題材というか着眼点は面白いんです。

ただ、なんていうか…難しい専門分野の話だからある程度説明文が入るのは仕方ないんだけど、それが延々と登場人物の会話文だけで、だったり、主人公の奥さんていう医療関係者じゃない人物をファクターとして読者に分かりやすくするみたいなとこだったりが、稚拙っていうか。

小説じゃなくて、脚本みたいな感じ?

でも、だったらもっと分かりやすく、読み易く書けるんじゃない?っていうか。

とにかく前半はそんな感じで苦痛でなかなか読み進められなくて、この程度の長さ(300Pちょい)なら1日あれば余裕で読み終わるわ〜って思ったのに、途中途中読むのイヤになって他の本読んだりしちゃってスゲー時間かかった汗

後半やっと面白くなってきて、結構どんでん返しみたいなおおっ!てなこともあったけど、でもなんかなぁ…っていう後味の悪さだったり、多分続編というかそういうのを考えてるんだろうけど、だったら最後は完全に蛇足というかって感じで…。

特に本当に最後の1文はえっ?とも思うけど、なんかう〜わ、ダッセ!!みたいな、折角の話を一気に素人くさくしてしまったというか…残念かつ勿体無いとしかw

 

とにかくネタ自体は本当に面白いしいいと思うので、文章力というかそういうのがね…もうちょっとついて来れば…。

まだまだだな、って感じ。

 


スポンサーサイト

2020.01.13 Monday | 16:58
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 

THANK YOU FOR YOUR MESSAGE!











    
top



PR

latest entries

categories

archives

search this site.

links

profile

一筆奏上!

Recommend

others