<< January 2020 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

苦言再び

2019.10.09 Wednesday | 17:01

昨日のフマレット観劇感想で書き忘れた!

観劇マナーについてですが、ハッキリ言って9.25の私の周囲は最悪でした!!

まず後ろの列に居た人達は、観劇中に話してた訳ではないのでまだいいのですが、始まる前とか幕間客席が明るい間はず〜っと、デカい声でやれ猪狩がどうの、龍我がどうの、他のジャニの話ばっかりでやっとせくしーの話したと思ったら「ケンティー来たらどうする〜?(実際来たけどwww)足長いから(この間に)収まんないんじゃないかって心配〜!(ゲラゲラ)」みたいにキャッキャと話していてふーちゃんのふの字も出ねぇ。

お前ら何観に来てんだよ!?大して興味無いなら、もっと本当に観たくてチケ取れなかったファンや普通に作品を楽しんでくれる演劇ファンにその席の権利譲れや…!!

ったくクソミーハーが!!

 

そして、開演前にさんざん、携帯はマナーモードにしていてもバイブ音が響くから電源OFFにしてください!ってアナウンスされてるくらい、上演中に音を出さないこと、あと帽子取るのは当たり前だし姿勢も前のめりとかすると後ろのお客様に迷惑だから、ということも言われていてそれが他では知りませんがグローブ座でのマナーです。

なのに、私の斜め前(隣のブロックの2列前)の女の子、最中に何を取り出そうとしたのか足元に置いたバッグをごそごそし出したんだけど、その間スーパーだかコンビニだかのビニール袋のカサカサ?シャカシャカした音をず〜っとさせてんの…!!

思わずいい加減にしろやボケェッ!!って言いたくなりました。

更に私の隣のおばはん!通路側なのをいいことに、基本そちら側に足を出して組んでふんぞり返っていて時々もぞもぞと体勢を変える、それだけでもアレなんだけど極めつけは多分本当に無意識の癖なんだろうけど、指(関節)を鳴らすんです…!!

それも、ポキポキポキッ…ポキッっと片手につき4本、それを当たり前みたいに両手とも!!

上演中は私もちゃんと観たいし声を出して注意も出来ませんから我慢してたんですが、4回目か5回目位にさすがに頭に来てハッキリとそちら(隣)を向いて舌打ちしちゃいました(^^ゞ

そしたらその後やらなくなりましたけど、やらないでいられるなら最初っからやるんじゃねーよ!!

上映時間が長いのはハナから分かってることなんだし、その間の時間位我慢できないなら観に来ないでいただけます??

ほんといい歳してそんなことも分かんないのかしら、みっともない!!


フマレット感想

2019.10.08 Tuesday | 10:39

東京楽お疲れさまおめでとう!!

という訳で、おけんとと一緒にハムを観たよ記念(別に隣に座った訳じゃねーですけどw)に感想書きました!(おけんとのことは書いてませんw)

無駄に長いので悪しからずご了承くださいませw

 


まず始めに。
とてもナチュラルに舞台そのものを楽しんでしまいましてw(なのでフマレットというよりハムレットそのものの感想になります(^^ゞ)
と言いますのも、以前書いたか覚えてませんがあまりに有名な古典で、大体のあらすじや有名な台詞は知ってる、以前1度別の「ハムレット」を観たことがある、だけど細かいところまではきっと理解出来てない、それでフマレットを観たらきっと勿体無い…!!と思ったので、今回の舞台のベースの松岡先生の翻訳本とパンフにも解説を寄せてくださっている河合先生の解釈本を事前に読みました。
それで、シェイクスピアがこの戯曲を書いた時代背景や宗教的背景などを知った上で改めて読むと、普通に面白い!
ずっとなんとなく、ハムレットは優柔不断で繊細で精神的にちょっと弱いというか脆い所がある青年で、ただただ不運に不運が重なった悲劇の物語―というイメージだったのですが、意外とオフィーリアの台詞でも「武人」と称してるくらい、いわゆる文武両道に秀でた人で基本的には判断や行動は素早い方で、ただ叔父に復讐するという点においては色々あって機会を逃してるという感じなのですよね。
で、舞台を観ました。
すると、多少のカットはありますがほぼほぼまるっとそのままを上演する為早く流れていく台詞が、ちゃんと意味を伴って聞き取れるんですよ、松岡先生の翻訳そのままだから。
そうすると、活字で読んだだけでは今一つピンとこなかったシーンでも、演者が演じることで台詞に血が通い肉が付いて立体的になり生きてそこに浮かび上がる訳です。
字面だけでは伝わりきらない物がそこに再現されるというか。
ほほ〜、ここはこんな感じなのね!?とか、あ〜そういう感じだったんだ!みたいな。
そういう意味でいうと特に、ハムレットがロズギルを問い詰める場面とか、ママ(王妃)を責めたてるシーンとか、墓場のシーンとかが私的にはおお!と思うシーンだった。
あと、気が狂ったフリをしている時のポローニアスとのやりとりが言葉の面白さも含めてとても好きだった。
今回森さん的にはわざと奇をてらった斬新な新しい演出を、というよりあくまでオーソドックスな原点に近い物を、という意図があったような気がします。
グローブ座に拘ったのもそうですし、普通ならカットしてしまう様なシーン(ハムレットが出て来ない場面とか)もちゃんと見せてほぼほぼまるっとやるっていうのもそうですし。
舞台も円形で大袈裟なセットはなく基本出てくるのは大きなテーブルと椅子だけで(勿論円形の舞台はそれ自体が回ったりするし、最初のスモークの演出・その調整なんかも実は細かい所はとても拘ってたり、現代の技術でなくては出来ないこともあるだろうけど)
わざとシンプルにしてるというか、もしかしてシェイクスピアが実際この戯曲を書いて披露していた時代と同じというか、近い物を再現したかったのかな?と思いました。
観ている最中に、あぁ、シェイクスピアが生きていた時代の観劇ってちょうど今と同じ、こんな感じだったのかもしれないな〜ってふと思ったので。
森さんの演出的なことで言うと、もう1ついいなと思ったのが、気が狂った(フリをしている)シーン。
こう、いわゆるイメージ的には甲高い声で急に泣いたり笑ったり喚いたり訳の分からないことを叫ぶ的な感じじゃないですか、気が狂ってる人の表現としては(私が以前観たハムレットやオフィーリアがそうだったかは正直あんま覚えてない(でもそこまで大袈裟ではなかったと思う(^^ゞ)し、他のハムレットも観てないんで他がそうだと言ってる訳ではないのですが)
特にオフィーリアが気が狂ってしまったシーンが今回1番斬新だなと思ったんだけど、それこそ落ち着いたというか抑えた演技で一見すると気が狂っているとは思えない、でも淡々としてるからこそ逆により一層心を失った悲しさ切なさが伝わってくる。
そしてこれも以前書いたか分かりませんが、ストレートプレイと言いつつも本来ならここでオフィーリアは歌うんですよ、何と言ってもシェイクスピアの原作からしてそうなので、松岡先生の翻訳本でも(歌う)となってるんです。
でも今回はそれすらも無くして、歌詞も台詞として話すんです。
ここはそうか〜そういう演出か〜と、1番唸ったシーンでした。
一方殿下の方ですが、ふーちゃんは事前のインタビュやなんかで、気が狂ったフリをしているのか実際気が狂っているのか分からなくなってくるって言ってたけど、私には殿下は終始『フリをしている』風に見えたんですよね。
というのも、叔父やポローニアス、ロズギル、オズリック、そしてオフィーリア、誰を相手にしている時でも一見ちぐはぐで出鱈目な返答をしている様で、実はとても皮肉だったりエッジの効いた切り返しをしていて、頭が良く冷静でなければとてもそんな台詞は咄嗟に返せないから、本当に気が狂っているとは思えないのよ。
実際、叔父やロズギルは本当にハムレットの気が狂っているとは思っていない節があるし。
ポローニアスなんかも「気違いの言いぐさにしては、1本すじが通っている」とか「時々実に穿った返事をなさる―」と言ってるし(ここの所ら辺のやりとりとかすごく面白いの!)
そしてまさにここが、今回のフマレットが演劇関係とか通とかの方達に大絶賛されてるポイントの1つ、大きな要素のようなんですよね。
なんていうか、こんな風な(気が狂ったという)表現もあるんだとか、斬新とか。
まぁ実際、基本的にシリアスに進んで行く話の中で、殿下が気が狂っている(フリをしている)シーンは唯一笑いが起こりますからw
「言葉、言葉、言葉」なんてこんな斬新な言い方があるか!?ってすごい笑ったし、ポローニアスをバカにしてたりオズリックとのやりとりも本当に面白い。
ただ、この辺はどちらかというとふま坦・セクラバには見慣れたというかいつものふーちゃんだwwwってなるトコなんですよね。
エモい所がある反面、真面目に全力でもういいからっていう程ふざけ倒す所があるっていうか、まぁそれがふーちゃんの良い所で好きな所なんですがw
とにかく、普段の菊池風磨を知らない人達だからこそ、新鮮に映るっていうか。
緩急が、とかメリハリ?抑揚?がついてていいとか、ギャップがいいとか。
でもそれってふーちゃんを知ってれば、元々持ってる部分だって思ってますからね〜。
ここら辺はもしかしたら森さんが元々持っていた演出プランではなく、一旦ふーちゃんにやってみて、ってなげて見てみたら「お、意外とこんなんもいいかも?」ってなって採用されたのかもしれないし、稽古を重ねていく中でハムレット殿下に菊池風磨が自然と重なった結果かもしれないし。
ただ言えるのは、このフマレットに対する大絶賛は、松岡先生の翻訳や共演者達の支え、そして何より、森さんの解釈・演出のお陰なんだよね。
もちろん、ふーちゃんが元々持ってる素地、ポテンシャルも必要でそれがあったとも思います。
以前ふーちゃんて映像向きでそんなに期待してないって書きましたが、元々頭が良くて理解力があって言葉のセンスも良い、そして昨日と今日では要求される物が違う、変わるっていう森さんの演出だっておじーちゃんと同じで慣れてるし、それに対しての対応力とかあとストプレは初めてでもライブという生の舞台は経験豊富だから(内容は違えど)臨機応変な判断力とかそういうのは心配してないっていうか、その点に関しては信頼してる(この辺モンペかな?笑)、最低限のレベルは出来ると思ってました。
でも実際、稽古が始まってからの雑誌の取材なんかを読んでても、また稽古途中の段階でのインタビュになったであろうパンフの共演者の発言や、初日フォトコール後の会見の時ですら、ようやく及第点をもらえた?という印象だったのは否めないし。
そんな風だから、主演がジャニーズ?えー?ってなってた様な通な演劇ファンや批評家、関係者達には特に、そもそもの期待値が低いがゆえに「え、意外といいやん、やるやん!」みたいになったんじゃないかと思いますw
森さんもそれを狙っていた所もあるんじゃないかな?原点に立ち返ったオーソドックスな「ハムレット」だからこそフレッシュに、変に舞台慣れしてない、こなれたテクニックなんか持ってない使わない、素人に近くてもそんな人でって。
もちろん、実際客が入って回を重ねる毎に良くなっていったと思うし、最終的には森さんにも「俺の作ったハムレットを超えてきた」って言われたし、松岡先生に至ってはもうただのふま坦になったみたいだけど(笑)
今回は初めてだからこそ、良かったという部分が大きい、言葉は違うかもしれないけどビギナーズラックというか。
今後楽しみな舞台俳優だって言われてるの、でもそれが果たして本当か、真価が問われるのは2作目以降だと思うよ。
でも出来たら「ハムレット」再演観たいし、森さん演出で他の演目も観てみたい。
ただもしハムの再演でまた森さんがグローブ座に拘るようなら、今回の評判でただでさえ取れないチケットがますます取りづらくなりそうで怖い…(>_<)
そう言えば松岡先生はフマレットを『ラブリー』と評したらしいですが、私は『チャーミング』だな、と思いました!
これはふーちゃんだからこそ、の新たな魅力の部分ですね、多分。
ふーちゃんて、決して「正統派イケメン」とは思わないし(松岡先生も言ってたけど、笑)普段は正統派イケメンでロイヤルな感じのメンバーに囲まれて、ちょっと違うじゃん?1人だけwいい意味でアイドルらしくないというか(もちろんそこが好きなのだけど)
でもああやってそうじゃない人達の中に入ると、やっぱり華があってキラキラとしたオーラがあるというか、アイドルなんだなぁ〜って(笑)
その辺も国民に慕われ「この国の希望とも華とも仰がれ」「若々しく花開いたたぐいまれなお姿」(オフィーリアの台詞)といわれるハムレット殿下にピッタリだったんだなぁ〜って(o´ω`o)
フマレット殿下の見どころとしては、もうさんざん他のふま坦さんが呟かれてると思いますが、最初の喪服である黒スーツも、ジャケットを脱いだサスペンダー姿も、気狂いを演じてる時の花冠も、その後の真っ白なロングコートにスーツ姿も、スタイル良くて格好良くて可愛くてエロくてんもう最高です♡
そして何と言っても四つん這い(ハイハイ)ね…!! ハァ〜けしからんもっとやれ!!(笑)
あと偏平足あんよもね、なんかかわゆ!なの。
それとレアティ―ズとの剣の試合のシーンは普通にかっこよ!!
ダンスしてるみたい、さすがジャニーズ!って(笑)
これは梅澤さんに習った殺陣の経験も活きてるかもね!ホントどんなお仕事も無駄にはならないんだと思う。
 
長くなってスミマセンがもう少しだけw
話を戻して、殿下が気が狂っているフリをしているシーンは基本的に淡々としてるというかどちらかと言うとちょっと笑えたりするシーンなのだけど、ロズギルを問い詰めるシーンとママ(王妃)を責めたてるシーンは、とても動きが激しくてそれがハムレットの心の中の抑えきれない怒りだったり悲しみだったりを表現してる感じで良かったの。
ロズギルを問い詰めるシーンは、テーブル、椅子、そしてテーブルクロス(大きな白い布)を効果的に使っていてとても面白くて印象深いアクション(というのかな?)だった。
そしてロズギルの方もそうだけどママを責めたてるシーンは「えぇっこんなに激しいの!?」って、ちょ、安蘭さん青痣とかになったりしてない!?って心配になっちゃうくらい、引き倒したりすんの。
これは変に遠慮したら多分ダメだから、安蘭さんもだけど結構思い切りが必要でふーちゃんも大変だなって。
でもとてもとても好きなシーンでもあります。
そうそうこのシーンで思い出した、全体的に改めて読んだり観たりして思ったのが、ハムレット殿下はパパ(先王ハムレット)が大好きというか大尊敬してるんだな〜って(笑)
ほとんど神様扱いだもんw
だからこそ、ママももちろん好きなんだけど、その大好きで大尊敬するパパを裏切ったみたいな(義理の弟と早々に再婚した)ことが許せなかったんだろうな〜って。
で、ふーちゃんも常パパのこと大好きで大尊敬してるじゃん?だからその辺も上手くハムレット殿下に重なって良かったのかな?って(笑)
その叔父と先王(亡霊)役の大谷さんはね、私は長年「相棒」の三浦刑事として見てたんだけど、なんか印象が違って最初分かんなかったくらい(^^ゞ
でね、叔父のずる賢くも器が小さくでも妃(ハムママ)が好きなんだな〜っていうのと、亡霊(先王)の時は甲冑来ててほとんど顔とかも見えないのに、ものすごく迫力とか威厳がある感じでさすがの演じ分け!って感じだった。
そしてポローニアスの大鷹さん、この方が達者だしまたいいんだ!
元々松岡先生の本の時から面白いなと思ってた台詞が、大鷹さんが実際言葉にすると、え、更に面白いってどゆこと?ってなって。
あとは花王さんと駒井さん、墓堀りの2人!ここのシーンもすごく好きなとこ。
お2人ともさすが達者なんだけど特に駒井さん!スゴイよーこの人のが気違いなんじゃ?ってくらい(笑)
そしてホレイショー、復讐に突き進む殿下を支え、唯一全面的に心を許し信頼されているホレイショー、ずっと「殿下」と呼んでるのに、最後だけ「ハムレット様」になるの!
ぎゅうって抱き締めてね〜くぅ!(>_<)
そして弔砲が鳴り終った後、抱きかかえたままの殿下は当然死んでる訳だから目を閉じてて周囲が見えてないじゃん?そこでホレイショーがトントンて肩を叩いて合図して、フマレットがふーちゃんに戻るの、これは絶対おけんと嫉妬するわ!って観ながら思ったね(笑)
 
本当はもっともっと面白い好きな台詞とか、他の共演の方達もお1人お1人書きたい所だけどキリがないのでこの辺で(^^ゞ


苦言

2019.10.05 Saturday | 20:40

ねーえー!
ニナミカさんにせくしー撮ってもらいたい!ってのは当方も以前から熱望してるけども、そしてどなたかが呟いたのがご本人に見付かって俄かに盛り上がってるけども。
それ、そっちゃんが戻ってから案件だよ…!!お願いだから先走らないで…!!

さて、ワタクシ巷で流行ってるタピオカにはまったく興味もないし基本どうでもいいのですが(白玉なら食いつきますw)、これは色に反応してしまいましてwww
ふーちゃんwww いただかなければ…!!と(笑)
なんでも東京都内に6店舗、の他には大阪に1店舗とあと何故か我が地元にしか店舗が無いっていうTapista(タピスタ)のこの秋の新商品「紫の焼いもパフェラッテ」!
濃厚でんまかったー(o´ω`o)
みなさまも機会がございましたら是非♡

 


今更だけどー

2019.09.15 Sunday | 14:46

書き忘れていた案件。

売切れ続出で発売初日に重版決定した"最高のバディ"特集のあんあん表紙を飾ったけんふまシンメ(o'ω'o)人(o´ω`o)ですけども。

 

その中でふーちゃんがのたまった


「曲がかかって15秒もすれば、今日の中島の状態がわかる」

ってさぁ、

かつて「(SHAKEの)出だしの♪プル〜〜〜〜〜ハァッ!で、今日の木村の調子がわかる」(注:ニュアンスです)

って言ってたまさひろちゃんと一緒w

ちょ、どんだけwww

 

あと某ドル誌で自分を和菓子に例えると『大福』と答えた(o´ω`o)

白くてモチモチの自覚があったのかwww

…萌え♡

 

そしてそんなふーちゃんにおかれましては、現在絶賛上演中のハムレット殿下が大変ご好評の様で…(´‿ `)

あと10日で私も殿下に逢えるー!超楽しみ!!♡

という訳で借りてた本をようやく読み終わったから、復習かねて再度ハムレットを観劇の日まで読み込むじぇ!

 


またしても...!!

2019.05.05 Sunday | 13:10

えびちゃんの番組にはせがわさんが出たらしいんだけど、テレ東だから見られねー!!<`ヘ´>

でも、えびちゃんは「はせがわくん…♡」ってなってくれる数少ない後輩だから(笑)

ゲストにお呼ばれしたって事実だけで胸熱…(/_;)

まぁ今ドラマ出てるから番宣兼ねてだと思うけど、なんにせよテレ東様々やな!

それにしてもごっちとダンス対決とか言うてたけどんな無謀な…大丈夫かいなはせがわさんwww

あと「愛ラブBIG」の映像も〜って懐かし!「愛ラブSMAP」からの流れだったんだよな〜これまたテレ東様々ですわ。

 

さて、結局せくしーの令和一発目の横アリぺじ魂に参戦した以外は結局何もせんで連休も終わりますw(想定内)

ぺじ魂はね、相変わらず席運はまったくないのだけどまー楽しかった!^^

間近で見た(最後のトロッコ時)ふーちゃんはお肌まっちろでもっちもちで白くてやらかそで…(以下エンドレスw)

「Cocoa」はやはりエモ中のエモだったし、聴きたかった観たかったカプリング曲もやってくれたし、マリは面白&格好良かったし、しょりは色々と可愛かった!!

おけんとは相変わらず何言ってるかちょっとよく分かんなかった(安定、笑)

あと今回の最大の収穫は、まぁ限定チャーム目当てだったけど地元公演のチケ取れなかったのにわざわざグッズだけ買いに行った際、たまたまお隣さんが同年代で。

でお声掛けして今回横アリ同行していただいたのだけど、なんと話してたら同い年ということが判明してw

お互い身近にせくしー担が居ないので、これからもご一緒しましょ!ってことになったー\(^o^)/

1人だと全然回数行けないから、これで複数回行けるようになるかな〜?

やっぱ1ツアーにつき3回位は観たいもんね!

 

最後に最近お気に入りのご飯 ⇓

 

 

別に映えは気にしないのであんま写りは良くないけども(^^ゞ

某マルちゃんの3食セットのヤツねw

これに最近塩だれ味?ってヤツが増えまして、これがめっちゃんまいの…!!

春キャベツと相性抜群!とか書いてあるから、春先限定なのかな〜?

折角美味しいから絶対通年販売した方がいいと思うんだけどー!

今回はキャベツとあさり(缶詰)にしたけど、豚こまとかね、あとツナも簡単でいいよー!

そうそう、マルちゃんと言えばこれからの季節は冷やし中華の3食セットも良くお世話になるんだけど、こないだスーパー行ったら店頭販売?のおねいさんが居て新しい商品です―て試食くれたのが、茹でなくていい冷やし中華なの!!

これスゴイよ!茹でなくていいし流水でほぐすとかもしなくて良くて、ただ付属の液をかけてほぐせばいいの!!

大体、夏場は暑くて火を使うのが嫌だから冷たい物を食べたいってことで冷やし中華とか食べるのに、結局麺を一旦茹でなきゃならないと火をつけてお湯沸かしてって、結局アツいっちゅーねん!

しかも今度はそれを冷やす為に水ばんばん流して何なら氷も入れて…って面倒だし勿体無いし。

だから流水でほぐすだけ?とかいうのが出た時は画期的…!!スバラシイ…!!と喜んだけど、これが2人前だったんだわー!

おひとり様のワタクシにはちょっと使い勝手が悪くて(>_<)

その点マルちゃんのは1人前ずつだし、水でほぐす必要もないし(流水麺?シリーズのも冷やし中華はまんまで良かったけど)まぁまぁ日持ちもする感じだから!

これ最高だよ〜超気に入った!

お弁当に持ってくことも出来るしおススメだよ〜^^


愛し合う時が来たならば 目には見えない何かが見える

2018.04.23 Monday | 14:20

KTTの厄除け団子はあれね、法多山のヤツね。
場所的にもエコパから近かったしね。
まぁ静岡県民だったら馴染みのある、恐らく毎年いただくヤツですわ。
私も勿論なんやかんやで毎年いただいてます、厄除けですし。

 

さて、そちゃんの初地元凱旋公演となった4/21のエコパアリーナ

追加公演の1部でもそうだったようですが、2部も始まる少し前から緑のペンラがつき始め私を含め他のメンバー担当の人達も自然と緑を点灯するほど、全体でそちゃんの凱旋をお祝いするムードで会場が温かい^^
そのまま1曲目の「Unreality」中はずっと、勝利が俺のファンは居ないのかな…?と心配になってしまうほどの(笑)一面緑w
その中の1人であった私ですらちょっとした感動でウルっとくるものがあったから、そちゃんだいじょぶ?泣いちゃわない??って心配になりましたw
そして「そちゃんお帰り〜!」を言いたくてウズウズしてたのですが、MCの入り方的にタイミングが掴めず会場がそわそわしてたらそちゃん自らw「ただいま〜!」て言ってくれたので(笑)
しかもそれを受けて最後恒例の「俺らの名前言える?」のとこでふーちゃんが、「さっきはお帰りって言ってくれたから、今度は松島がまた東京で頑張れるように、俺らに言ってもらっていい?そしたら頑張って夢を届けに?(ごめんなさいこの辺ニュアンスです(^^ゞ)日本全国駈けめぐるからさ」って言ってくれて、「行ってらっしゃ〜い!」を叫んだの。
地元で公演の時お帰りコールはあっても、いってらっしゃいコールって初めてだったんだけど、なんかすごくいいなぁって思ったの。
そちゃんも「また帰ってくるからね!」って言ってたし、本当に温かいなぁって。
こういうの咄嗟に言えちゃうふーちゃんてやっぱステキだね(o´ω`o)
そして多分そちゃんだからこそここまで他坦にも愛されて、地元でも愛されてるんだと思ったの。
もちろん、せくしーちゃん達も静岡だからって「PEACH」もふーこが選んだのは当然そちゃんだしMCもそちゃんに凄い話題振るし静岡弁を多用してくれたりと、そういうサービスみたいな?ちゃんと考えてくれたと思うの。
でもね、それ以上にセクガルセクメン達のそちゃんの初地元凱旋公演を盛り上げよう!っていうのと、私含め地元民として「おかえり♡」って気持ちが勝ってたと思うwww勝ち負けじゃないけどwww
とにかくもうね、基本そちゃんデーだからw
そちゃんが終始可愛い(笑)
いやもうホントばかカワイイ♡
今日そちゃんのパパ観に来てたのかなぁ…?(SGDによると来てたみたいですね!)ふーちゃん、そちゃんパパのことをやたらとイカツイと弄るwww
そしてふーちゃんも終始可愛い(笑)
なんと言っても「俺のぴーち♡」と言ってご自慢のプリケツを見せてくれた(o´ω`o)
常にというか基本萌え袖だしw
友達の娘(勝利好きのJK)を連れてったんだけど、現役JKに可愛いと言われる萌え袖でお顔が赤ちゃんなふうまちんw
あとぎゅっとの時徐にスマホ取り出して電話してるふうまちんに何故かすごいウケてて、「すごい面白い!可愛い♡」って言ってたw
他会場のツイ情見ると大抵けんふまが爆発してるのに、何故か私が入る回はいつもそんなないんだよ(/_;)
でもまぁ今回はMC中しょりたそがドラマのロケ現場での話をし始めたのを、歌で邪魔する息の合いっぷりよ…www
まるでセクチャンの時のワルノリを彷彿とさせて、すげー楽しそうで何よりw
そして「スキすぎて」の台詞で、おけんとの「東京から毎日LINEするからな!」を受けてふうまちん「………………ラーイン♪(CMのキャッチ?)」と。
ふうまちんてこういう台詞のとこのアドリブ、毎回自分の言うことをあんま決めてなくて誰かのを受けて乗っけよう(広げよう)と思ってるのかなって感じなんだけど、基本おけんとのに乗っかる事多くない…??
それ以外は他会場や1部であった様な感じのは多分無かった…強いて言えば、最初の一面緑を受けてMCで「凄かったね」って話し出し、ふうまちんが「あんな一面緑見たの聖剣伝説彊瞥茵廚辰童世辰浸のおけんと喰い付き方がちょっとね…www
あと忘れたけど何かすげー重箱の隅案件があった気がする…思い出したら書く!
んでしょりふま的にはラブマニ前のトークで、しょりたそが「俺思い出したんだけど…!」って「ふうまくんがぁ〜」って非常に嬉しそうに話しだしたよね(笑)
しょりに関して言えば、「ぎゅっと」のソロパートでマリちゃんの背中に飛び乗っておんぶしてもらうという、非常に可愛いしょりマリ案件が…!!
更にそこに寄って行ったそちゃんの肩をマリの背中に乗ったままwグッと抱いて、もう可愛いの塊かよ…!!なちびーずが世界に平和をもたらすの図だったw
あ、あとそうそう!なんて言ったやりとりだったかは忘れちゃったんだけど←マリに非常にゲロ甘なふうまちんが一瞬居ましてね、うわ〜ってなってたんすけど、うわ〜って(笑)
去年スタトロ通る通路の最前列で初めて生で見たマリちゃんはとにかく肌が綺麗…!!だったんだけど、今回は話すとやっぱりまだ可愛いんだけど、なんか急に大人っぽく、格好良くなっちゃって…!!
とにかくすごい格好良かった、格好良いの方が勝ってた、私的には。
ちなみに今年も何故か去年とほぼほぼ同じ位置と言うかサイドが同じで、去年より更にメインステージに近く列はスタトロ通路より前だったので、メインステージもこっちサイドの端っこに来れば非常に近い上に、スタトロも近い、というまぁまぁな席でした。
つかエコパアリーナ、だいぶ前のエイト以来なんだけどこんな狭かったっけ…?
すっかりドームやスタジアムの感覚に慣れちゃってるので(^^ゞ…でもそれにしても去年の城ホールと比べても小さい気がするな〜?
まぁ近くていいんだけど。
話ちょっと逸れた、続き。
スタトロで印象に残ったのは、しょりたその顔の小ささw
そしてそっちゃんのファンサが本当に丁寧で丁寧で…ほんまええ子や。
だって良くある気の所為なんかじゃなくて、そちゃんと絶対目が合ったもんw
ふうまちんはね、安定の私の居ないサイドばっか見るっていうねwww(去年もそうだった)
まぁ私の居たブロックの最後の最後、端っこのとこでようやく振り返って、振り返ったすぐのトコに居た人がふま坦でふうまちんのウチワ持ってたからすんげー優しい顔して笑ったの。
それ見れただけでも良しとするか。
最後普通の感想なんだけど、センターステージの使い方?動きが良かったですねー!
それと去年から更に進化したレーザーの使い方。
だからあそこの一連のブロックが好き。
そして本当にあっという間に終わってしまったwww
横浜はチケ取れなくて行けないし、もうすでに映像化を心待ちにしておる状態ですw(その前にサマパラはよ!だけど)
でも連れてった友達の娘も楽しめた様だし、今迄ももちろん好きは好きだったけどすっかりハマってFC入るー!って言ってたから良かったよ。

 

あぁでもホント、横浜も行きたい〜(>_<)

 

 

 

プンププンプン / Sexy Zone


あくまで

2018.04.11 Wednesday | 15:18

個人的な感想なので悪しからず、なのだけど。

昨日ヒルナンデスでブルックリン風?だかに自分でリフォームしたとかの紹介をしてたんだけど…別に全っっっ然!これっぽっちも!憧れないっつーかいいと思わねー(だからチャンネル変えたー、苦笑)

なんでわざわざ金と手間かけて余計にゴチャゴチャした感じにするんだよって感じ★

逆に落ち着かねーよ(笑)

 

あと、これはちと今更?

しょりたそ(というかご家族も?)順調に鳥好き加速させとるwww

分かるよ、分かる!鳥って実際飼ってみるとその可愛さが分かるもんね〜!!

 

そして、先月辺りも確かアレだったけど、えび兄さん達がドル誌でハセの名前出してくれとるんだけど、今月はゴッチがタッキーの舞台の振付をしてるってことで、「オレもカッコイイ長谷川くんを見せたくて」って10年以上ぶりに踊るハセにハードな振り付けさせとるって…!!

わーなにそれ絶対観なきゃなヤツじゃん…!!

東京は追加募集が来てるけど諸々都合が合わないので、これは絶対名古屋で観なければ…!!

しかも伝言板でもみやっちがハセに舞台楽しみにしてますってメッセージ送ってるんやけど!

みやっちってハセとなんか交流あったん??知らんかったわw

今回は購入を見送った別のドル誌に同じ舞台に出るすのとタッキーパイセンの対談?載ってたけど、そこにハセも混ぜてやってくれよう…。

それにしても、えび兄さんなんて今の若手の中では1番年齢もキャリアも上だからすげーパイセンって感じしてるけど、そのえび兄さんが長谷川くん…♡てなるんだから、ハセもいい歳っつーかパイセンなんだね〜、と改めてw


こらこらこら(^^ゞ

2018.01.15 Monday | 03:47

そちゃん、めっ!
兄さん達の「オリスマ」はアルバム曲ではなくて(アルバム収録もされてるけど)れっきとした13枚目のシングルです…!!(←やっとWU読んだ)
まぁ元々、木村さん出演のおろなみんしーのCM曲で発売予定はなかったんだけど、評判が良く問い合わせが殺到してシングル化が決まったものなので、その辺なにか思い違いというか勘違いしたのかな…??
それか「世界に〜」が、元々はアルバム収録曲で翌年つよぽんのドラマ主題歌になったことでこれまた評判になり、急遽シングルカットして発売されたものだからそれとごっちゃになった…?
シングルじゃないのに皆が結構知ってるって曲で言うたら、おけんとも大好きな「オレンジ」が1番メジャーじゃないかなぁ…?

取り急ぎスマヲタとしてはこれだけは言っとかないとなんで(笑)
他はまた改めてー!


取り急ぎ

2017.12.23 Saturday | 21:08

録画も溜まってるしやることもいっぱいあるんだけど、ずっと気掛かりでコレを終わらせないと他に集中出来ないので、取り急ぎ年賀状の作成を優先して、なんとか終わらせたった!

 

ちょっと前のエントリでも書いたけど、今年は思い立って消しゴムはんこを作り、宛名も全部直筆にして頑張ったピース

そんで、年賀状用の消しゴムはんこ作る時に、ついでにせくしーちゃん達のアイコンである薔薇も作ってみたの。

普通?のヤツと、STAGEのパッケージでデザインされてるのをパクッたヤツ←

で、年賀状用のはんこのインクスタンプを探す時に、出来ればせくしーちゃん達のメンカラがあれば…と思って見に行ったの。

とりま消しゴムはんこの初心者用キットみたいなものを探しにいったホームセンターになかったから、ダメ元で100均一を覗いてみたんですよ。

そしたらコレ…!!下下下

 

 

セリアでどんぴしゃメンカラ揃ったヤツを発見…!!(年賀状作成にも使用後なので、ちょっと汚くなっちゃってるけど(^^ゞ)

しかも、スタンプだけ見るとちょっとけんふまちゃんが濃ゆいかな〜?と思ったのだけど、実際紙に押してみると下下下

 

 

 

全然濃すぎず、ちょうどいい感じに綺麗なんですよ…!!

どっちかっていうと、マリちゃん(オレンジ)が色が付き難くて薄いかな〜と。

 

いやでも、メンカラ全色揃ってこれで100円なんて、ほんとマジでセリア優秀 手

まぁ1つ1つの面積は小さいし繋がってるからちょっと使いにくいけど、そうそう頻繁に使用するもんじゃないし、ジューブンだよ!

これホント、せくしーちゃん担は買うべきだね。

すげー今更な話かもしんないけどw

 

さて、昨夜仕事終わりに同僚と外で1時間ぐらい話し込んでしまって、風邪を引いたっぽくてちょっとヤバイなぁ〜と(^^ゞ

(仕事終わりには車の窓とか普通に凍ってるからねw)

平日は仕事が終わると身体的にも精神的にも疲れてヘトヘトで基本的にはなんもでけへんくて。

おけんとの番宣の諸々も多分取りこぼしあったりするけど、チェックしてる時間もないのでもういいや〜となってるくらいだし、雑誌もまだだし、冒頭に書いた録画済みのも正直チェックするよりも寝てたいってくらい疲弊してるのだけど、取り敢えずニューアルバムで待望のしょりふまデュエット…!!でテンション上がりました、ふへへハート(☆u∂) 人(o´ω`o)

HDDの残量確保の為にさっき超絶早送りで昨夜のえむっても編集したんだけど、ちょっとしょりふまイチャイチャしてない!?って感じに見えたので、後でじっくり要再確認だなw

それにしてもしょりふま楽しみすぎる…!!

ガッツリ踊るのも見てみたいし(ごーすとの時の絡みみたいなヤツw)、2人の音楽性からいってバンドっぽい曲もイイ感じ。

どんなんかな〜ハァ〜楽しみだよー!

で、アルバム決まったからには当然ツアーもやりますよね!?

てことはステージ上しょりふま2人っきりのパフォが見られる訳ですよね?

…ヨシ、そこまで頑張って生きる(笑)

あ、でもその前にサマパラ円盤は…??2016年のは今年の頭発売だったから、そろそろお知らせあってもいいハズだけど…まさか出さないとかないよね!?

ふうまちんの「Over Flow」出さないとかありえんからな!?

頼むよポニキャさん…!!

 

あ、そうだ。

ツアー日程がまた春だとトンのファンミと被るかもしれん…う〜ん、ちょっと心配だわ。

まぁでも3月後半からならいけるか。

いや〜ホント楽しみ(←先走り過ぎwww)


\(◎o◎)/!

2017.11.23 Thursday | 12:38

しょりたそのことは『ハタチになったから』って呼び方をしょりたん→勝利くん、に変えるくせに、にじゅにさいのふまたんにはなんも言わないって…呼び方変える気さらさらねーな!?青木…@PON
やってんなぁあおき…!!(笑)

 

ところで、基本的にあんま色々追っ掛けるタチではないのでWebで情報サービス?なるものが始まってるとは全然知らず、木村さん(とまさひろちゃん)のがネットニュースになってて「え?情報サービス??」ってなって(^^ゞ

まぁまさひろちゃん達のは別として、ここでワタクシが気になったのは…そうハセジュン!!

いやいやいや、これは入るしかないでしょー、いやでもあるかな??と不安になりつつ見てみたら…あったよ良かったよ\(^^)/!←(失礼w)

今度は、会員番号が三桁いや二桁…まさかの一桁…だったらどうしよう!?と心配になりつつ(だいぶ失礼www)手続きしたら、四桁は行ってたヨカッタ!!

ほんと、もう少し露出増えるといいんだけどー。


top



PR

latest entries

categories

archives

search this site.

links

profile

一筆奏上!

Recommend

others